夢追い旅
FC2ブログ

終末の噂

 ミーに予算を出してもらって、小林の調査をケー君にお願いした。轟に任せたいところだったが、彼とはお金のつながりが強く黒崎に旗手社長の情報が漏れるのを恐れた。ただ旗手社長の性格を考えると、余程の確たる証拠がないと方針が変えられないということは理解している。
「少しいいですか?」
 調査部の一番年配の女性が顧問室の中の周平に声をかけた。顧問は朝から相談役の部屋に籠っている。会長はS銀行に出かけている。どうもS銀行は頼りにならないようだ。
「どうぞ」
「部の仲間を代表しての質問ですが、最近の噂を耳にされましたか?」
「噂?」
 そう言えば会社の人間と話すことがほとんどなくなっていた。とくに加瀬が亡くなってからはそれは酷い。
「調査部がなくなると」
「そんな噂があるの?」
「ええ、人事部が出どころのようですが、調査部の全員の社員シートの提出をしたとか」
 おそらく顧問の依頼なのだろう。
「直接話は出ていないが?だがこの部の存在価値は薄れてきているな」
「若い人はいいけれど、40歳過ぎの私なんかは退職勧告を受けるような」
 そう言えば、周平がこの部に入った時にはすでに加瀬と彼女が座っていた。
「何が悪かったのですか?やはり加瀬さんが?」
「彼の問題でもない。会長の経営の終末なんだろうね」
「鈴木取締役が会長についていたからですね?」
 いや、彼は相談役について逆に時代を先取りしていたと言いかけて言葉を飲んだ。そんなことは彼らには関係がない。加瀬すら出会いがしらの事故に過ぎない。調査部にいて赤坂の地上げから今に至る経過を理解していない。
 ポケットの中の携帯が振動した。今日3度目の赤坂の元姑のママからの着信だ。











 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

胸騒ぎ

 ミーから珍しく夜にメールが入った。周平は顧問に3時間に及ぶ調査部の仕事の内容を説明を終えた時だ。顧問はあまり好んで残業をしたがらないが、今日は特別に8時まで説明が続いた。彼はこの部の存在自身に懐疑的だが、だが業績に大きくかかわっていることも認めている。
「独り身だったな?」
 帰ろうとする周平の背中に声をかける。
「いえ、婚活中ですよ」
 周平は笑いながら外に出た。最近はどこに行く時も後ろを振り返る癖がついた。ぶらぶら赤坂の方に向かって歩く。赤坂見付のところにミーの常連のスナックがある。ママはどうも男性のようである。
「上司が来たわ」
 ミーの声が部屋のカウンターからする。
「どちらが上司だか」
「ちょっと気になることがあったの」
 座るなりバックからリストを出す。
「社長からリストの最終版が戻ってきたんだけど、10名ほどが追加されているのよ」
 周平が覗き込む。
「これは小林が持ってきたリストに入っていた政治家だな」
「私もそう思う」
「あの人昔から胡散臭いけど、今回は大胆なの」
「旗手社長は?」
「彼奴も社長になったからと笑っていたけど気になる。それに癖のある野党の議員ばかり」
「ここだけの話だけど、小林を少し調べてみたいと思うんだ」
 周平は出してもらったビールの小瓶をあおりながら胸騒ぎを感じている。
「賛成よ」





テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

バック

 M商事の決算報告が出て更に株価が落ち込んだ。思い切って赤坂の負債を処理したようだ。これは顧問の方針だったようである。最近は会長派も社長派もめっきりおとなしくなった。それに代わって相談役の息子の周りに吹き溜まりのように人が集まってきている。顧問はそういう付き合いを極端に避けているようだ。それで周平自身が顧問派の入り口のように思われている。
 ケイ君から新橋の喫茶店にいると携帯があった。店を覗くといつものように焼きそばを食べている。
「まるで飯を食っていない子のようだぜ」
「昨日は藤尾さんと終電まで飲んだよ」
 確かに酒臭い。
「小林さんはかなりやばそうだな。藤尾さんの地上げの会社にかなり融資しているな」
「赤坂の件かい?」
「もあるが、赤坂以外の資金需要にも出しているようだ。それでどうも藤尾さん曰くはバックを取っているということだ」
「具体的に?」
「最近投資マンションに会社の女子社員を住まわせたそうだ。登記を上げてみるさ」
 ケイ君はくしゃくしゃになった便せんのメモを広げる。何件か裏会社の名前が挙がっている。
「この許と言うのは?」
「それは最近の貸付先でね。評価のない物件で3億も出したらしい」
「それを調べれるか?」
「ああ、物件も教えてもらっているさ」
「ついでにその許も調べてくれ」
「会社も控えてきてるさ」
 これはケイ君と仕事をするのは悪くないなと思った。






テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

脅迫

 苛立った口調で国崎から呼び出しの電話があった。今日は顧問は朝から古巣のM銀行に出かけている。
 国崎の事務所に着くと、すでに呼び出されていた轟がソファに居心地悪そうにかけている。
「昨日会長の車のブレーキが触られていたようだ」
「運転手が?」
「車のドアが開いていたので調べて分かったそうだ」
「柳沢の脅迫ですね」
「それで催促されている。いつまでかかっていると」
 黒崎は会長から金を貰っているのだ。
「警察はやくざの兄貴のところで止まっていますよ。チンピラを殺す理由がないというわけですわ」
 轟が補足する。
「でもチンピラは監査役の車にぶつけたのは分かっているわけだろ?」
「この管轄は別でまだ事故と言う線が強いのです。ぶつけて自殺したという見方もありますよ」
 轟も黒崎の焦りにてこずっている感じだ。彼は確かにラインから外されてきている。
「いよいよ加瀬の記事を書くときですかね。このラインなら柳沢は引きずり出せる」
 周平が提案する。
「情報はあるのか?」
「轟さんところで調べてもらいたいことがあります。それで記事にします」
 これは轟にお金を落とす手だ。熱海の件を臭わす。こらはまだ黒崎には報告していない。轟の目が笑っている。
「ところで会長はどうなるんだ?」
 黒崎にはそんな情報も入らなくなっているのか。
「おそらく引退の条件でもつれているのでしょう」
「となるといよいよ旗手社長の出番だな」
 でもそのラインも弱くなっていることに気づいていない。







テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

消息

 ケイ君が夜の新幹線で戻ってくるというのを団長の携帯で聞いた。ほぼ1週間大阪にいたことになる。周平は今日は顧問に言われて現在の調査部の仕事の内容を仕上げないと帰れない。
 顧問の入った4者会談は連日続いているようだが、なかなかまとまらないようである。でも顧問はあまり焦っている風でもなく、周平にいろいろと課題宿題を投げかけてくる。
 周平がホワイトドームにたどり着いたのは夜の10時半を回っていた。
 相変わらず止まり木にはフランケン達が並んでいる。
「ご苦労さん!」
 席でビールの小瓶を飲んでいるケイ君に声をかける。
「もう団長に話した?」
「いやお戻りを待ちなさいとね」
 団長が笑いながら周平に小瓶とチーズを運んでくる。
「まず謝っておくよ。経費をいただいたのにはかばかしい情報は得られなかったよ。周平が住んでいたアパートのオーナーは見つけたんだが、どうも亡くなられてあのアパートが相続になったということだった」
「そうだな。お婆さんはあの頃で80歳くらいに見えたからな」
 よく玄関で乳母車を置いて座り込んでいたのを覚えている。
「それで相続をした娘さんを探して訪ねたが、ほとんどアパートとは交流がなく1年ほど業者に任せて立退きをさせたみたいだ。業者にも訪ねた。伯母さんと50万で話がまとまったようで」
「その時何か聞いていない?」
 団長が口をはさむ。
「近くの遊郭にお世話になると、もちろん遊郭にあたってみたよ」
 周平は昔よく走り回った遊郭の建物を思い出していた。
「やはり伯母さんが訪ねてきて交渉したらしいが最近は若い子しか置かなくなっていると言うので断ったそうだ。でも帰りに居酒屋で飲んでいると、年配の娼婦は最近映画館で仕事をすると聞いて覗いてみた。そしたら確かに半年前まで年配だが綺麗な人がいたという情報があった。写真を見せたが歳を取ったらそうな感じだと言っていた。もちろん携帯番号を教えておいたよ」











テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR