夢追い旅 小説

墓場まで持ってゆく

「まさか君が出てくるとはな」
 小林が腕を組んでテーブルの照り返しをじっと見ている。
 本社の総務部長に今回の裁判提訴で話し合いがあるということで、今は使われていない旗手社長の社長室に呼んでもらった。ここなら裏戸から入れる。
 テーブルにはケイ君が証拠を集めてくれた損害額のリストが5ページにもなっている。
「黒崎はあてにはならんだろう?」
 黙って答えない。
「旗手社長には貸しがあるようだね?教えてもらっていないが」
「ああ、貸しがある。これは誰にも言っていない。誰でもここまで上がって来るにはいろいろある。でも調子に乗りすぎたな。昔は同じ夢を見た仲だった。俺がやりすぎた」
「その話も、この事件も墓場まで持って行ってくれないか?」
「今度はお前が俺の立場になる日が来る」
「そうだろうな。でも表には出てゆく気がない。それにいつまで続けるかもわからない」
 それは真実だ。ただ区切りは付けたい。
 妙な沈黙が続く、二人が思い思いに始めてコーヒーに口をつける。
「黒崎にはあのリスト以外に情報がない」
「そうだ。彼奴は約束を守らない。そちらの条件は?」
「裁判の和解取り下げだ。今持ってる金は小林さんのものだ」
「悪くない話だ。だがもう一つ頼まれてほしい。許から脅されている」
 ケイ君の調べでは今回融資が実行されないことで、許の持っている土地も大阪のやくざの土地も接道部分を持たないことになる。話をまとめた許が詐欺をしたことになる。そもそも融資を止めた小林を責めるのだろう。
「こちらは調査して力を貸すとしか言えないが」
「それだけでいい。消えるさ」
 周平はその合図で総務部長と弁護士を呼んだ。小林は消えざる得ないだろう。














スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

激震

 長い夢を見ていたような疲れが体に残っている。でもそれは夢ではない。ホワイトドームの2階の部屋に母の赤い財布がカオルの写真と並んで置かれている。そして団長が買ってきた小さな額に若い時の母の写真が飾られている。
 だが何もまだ終わっていない。『噂の真相』のリスト公開が政界、経済界に激震を起こしている。
「少し整理して私から話すよね」
 ミーが様々の形の違う椅子に掛けているメンバーに声をかける。これらの椅子は赤坂の遺留品だ。
「社長は拘留が決まって、本社で専務が中心になって弁護士団を結成した。こことは私達は連携しない。リストについてはKジャーナルがこれは下書きで真実は別にあると主張しているわ」
「そうなのか?」
 藤尾が聞く。ケイ君も轟も参加している。
「知らないほうがいい。でもKジャーナルは先手を取られた形になっているわ。いよいよ大手の週刊誌がこぞって書き始めた」
 テーブルに何冊も積み上げてある。
「秘書と小林が釈放されたわ。秘書は本社の総務部長が面談した。彼は小林に焚き付けられて付き添っただけです。ほとんど何もわかっていない。それでしばらく解雇ということで雇用保険暮らしで様子を見て裏の会社で引き取ることに」
「小林はその足でKジャーナルの黒崎を訪問している」
 轟が補足する。
「向こうの記事は鈴木部長が書いている。だがそれほどの情報はないはずだ。問題は小林だな」
「それは本社の方ですでに損害賠償事件を提訴している。3億ほどの請求額ということ」
「最後は和解で口を塞ぐしかないだろう。ケイ君は訴状の事件の裏を固めてくれ。藤尾さんはSハウスの社長と赤坂の整理をしてくれ。必ず次は赤坂に飛び火する。ところでこのビルは?」
「今のところ無人の孤島のようだわ。玄関に小型の防犯カメラを藤尾さんに付けてもらった」
 当面このメンバーで当たることになる。






テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

カーネーション

 ホテルの支払いを済ませて、5人で約束の10時に不動産屋の前に着いた。作業着を着た年配の親父が腰に鍵をじゃらじゃらぶら下げて無言で先頭を歩いてゆく。昨日の話はホテルに戻って、ケイ君と買って貰っていた弁当と缶ビールを飲みながら周平が話をした。それでカオルも連れて行くと団長が決めた。
「あれから覗いてもいないからなあ」
 少し言い訳がましく独り言を言いながら鍵穴に差し込む。
 張り付けたべニアから朝のほのかな光が漏れて、年代物の小さな卓袱台を照らしている。
 周平は確かにそこにうつ伏せに寝ている母を見たような気がした。団長の手が肩をしっかり抱きかかえてくれている。母親譲りのカオルのくりくり目が不思議そうに周平を捕らえている。その端に缶ビールに萎れた花が語りかけるようにポツンと置かれている。
「カーネーションですか?」
「よく分かったねえ。アンさんはよく1本買ってきて挿していたよ。それで手向けのつもりでなあ」
 伯母は若い頃からカーネーションが好きだった。それで周平も彼女が機嫌の悪い時はそっとカーネーションを貰ってきて挿していた。これは捨てた男が初めてのプレゼントに贈ってくれた花だと話していた。でも1本なのは自分の灯なのだと言っていた。
 壁板に周平の写真が貼られていた。団長が大切にハンカチに包んで鞄にしまい込む。
 押し入れから首から下げていたという大きめの紅い財布を出してくる。これは伯母がいつも持ち歩いていたものだ。そっと中を開いてみる。郵便局の通帳に50万ほどが残っている。5万単位で毎月出金が続いている。それと田辺の印鑑。後は10数枚のデビュー当時のブロマイドが入っている。団長が宝物のようにカオルを背負った胸に抱きかかえる。
 母はついに語らず一人で旅立ってしまった。周平はぼんやりと卓袱台を抱きかかえるように残して行った母の香りに慕っている。
「さあ、一人ずつカーネーションを挿してね」
 いつの間にか団長が買ってきたカーネーションをカオルに握らせると全員に配る。親父が缶ビールに水を汲んできて卓袱台に置く。
「お母さんは今日から私達と暮らすの。家族よ」









テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

母の死

 丸一日市場の近くの文化住宅を回ったが、伯母いや母の消息はつかめなかった。ケイ君が3人分の塗りつぶした地図を整理した。それで夜に周平とケイ君で留守宅を再訪した。団長はユキとカオルの晩御飯を買って帰る。周平とケイ君は9時までは食事抜きで留守宅48件を回ってしまうことにした。
 9時前予定通り周平は後3件まで迫った。これといった情報がない。ここは昼には人が誰もいなかったところだ。気づかなかったが剥げた不動産の看板がかかっている。
「店は終わっている」
 70歳を超えたようなランニング姿の老人がテーブルに据えたテレビを見ながら缶ビールを飲んでいる。
「そういや、3人で営業してしていたみたいやが?」
「人探ししてたのです」
「写真か何かあるのか?」
「いえ、60歳くらいに見える女性なのですが。首から買い物かごを下げていたとも聞いていますが?」
 出してくれた椅子に腰かける。
「それなら知っているわ」
と言うと古いノートを出してきて調べる。
「そうや。これやな」
 すごくたどたどしい字で『田辺アン』と書いてある。
「芸名なのかと言ったら本名だと言ってたな。家賃はいつも月末に持ってきていた。若い頃は別嬪さんだったな」
 周平は何から尋ねたらいいのか迷ってただ話を聞いている。
「もう2年にもなるかな。北側の1階は雨漏りがひどくて半分は空いたままだ。一番安い部屋ということでその1階の一番奥に入ってもらった。それでもいくら何でもと思ったから板を探してきて打ち付けたんや」
「今教えてくれる?」
 いつの間にかケイ君が背中から声をかける。
「残念やが6か月前に亡くなったわ。家賃を持ってこないなと思って、月が替わった3日目に覗いたんや。部屋は閉まったままだったんで、警察も呼んで合鍵で開けたら、炬燵にうつ伏せになるようにすでに息はなかった」
 周平は長らく忘れていた涙があふれて剥げたテーブルに落ちて滲みるのを見た。ケイ君がその涙を拾うように手のひらを置く。
「苦しんでいた?」
「いや、笑っているようやった。そうや息子さんの写真に頬をつけて安らかに眠っていた」
















テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

証拠

 ユキはホテルでカオルとお留守番だ。周平と団長とケイ君は朝御飯を済ませると、地図の市場周辺まで歩いて別々に2階建ての文化住宅と呼ばれるアパートを塗りつぶしてゆく。12時になったら市場の前に集合ということにした。留守宅も多いが独り暮らしの老人も多い。
「原稿渡したよ」
 ミーから連絡が入った。
「旗手社長は?」
「朝、私のマンションから地検に出かけた」
「何か言ってた?」
「リストのことだけど、1枚目だけ出して後は絶対になかったものにしてくれって」
 2枚目は旗手社長自身が入れたリストだ。3枚目は小林の追加と最終修正が入っている。この2つは小林も知らないし、周平だけが後の段取りのためにコピーを取って1枚は旗手社長に残り1枚は今も持っている。ミーも中身は知らないはずだ。確かに2枚目が出ると会社はなくなるだろう。実は総理の名前も2枚目には入っていた。これは旗手社長のメモ書きのようなものだった。3枚目で総理の関係は外している。
「轟さんが来たので替わるわ」
「やはり頻繁に黒崎はYテレビに出入りしている。昨日から鈴木がカメラマンを連れてNビルに張り込んでいる」
 どうやら旗手社長に突撃取材でもしようとしているようだ。
「Kジャーナルからリストの公表があった?」
「今のところない。あれはKジャーナルでは出さない気がするな」
「Yテレビに高く売りつけるかな」
「それとYテレビにはM商事の会長もいたぜ」
「あの人はまだ返り咲きを狙っている。柳沢が気になるな」
 携帯を切って振り返ると、団長とケイ君の顔があった。首を横に振りながら、
「東京に戻っていいのよ」
「いや、今東京におらないほうがいいようだ」






テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR