夢追い旅 小説
FC2ブログ

嫉妬

 京都から通天閣の飛田の店に入ったのは夜の10時を回っていた。おそらく話は終わっているだろうと思っていたがまだ団長と昔の姉さんはにこにこ笑って話している。 「周平やねえ?」 「ご無沙汰してます」  どことなく記憶の片隅に残っている輪郭だ。今は60歳を越えてると思うが、あの頃は地下の舞台で唄っていたアンの先輩だ。 「今は動物園近くの映画館で切符のも切りを。ここの女将さんが探して下さったの」  団長はすでに詳しい話を聞き終わっているようだ。手帳も閉じられている。 「アンが一度35歳頃再婚を考えた時期があったのよ」  団長が言うのに合わせて姉さんが古い写真を取り出しておく。アンと姉さんとちょび髭をはやした男が写っている。この男にも記憶があった。時々アンの部屋に泊まっていくことがあった。 「彼はその頃舞台の脚本を書いていたのよ。見た目より若くてアンより4つ下だったかな。売れない物書きで彼女が小遣いを渡していた。よく二人で映画を見に行ってたわ」   周平の中に男の言葉がよみがえった。 「お前は本当はアンの子なんだろう?俺はどちらでも構わんがな」 と言って暇があれば何かノートに書き続けていた。  小説を書く引き金はこの男かもしれない。自分が読んでいた本をせっせとこの部屋に運んできてくれた。だが、彼が書いた作品はこの時は目にすることがなかった。こういう同棲生活は3年ほど続いただろうか。ある日を境にこの男がぷつりと消えた。 「アンは二人目を妊娠した。男は喜んだがアンは一人で中絶をした。それが縁で別れたと思う」  記憶の片隅に残っている。男の大きな鞄が消えていた。  それから1年ほど経った、ある日卓袱台の上に一冊の月刊誌が拡げられたままになっていた。名前は知らない作家だが有名な賞を採った作品だとあった。これは踊り子としがない物書きの物語だった。そこにはなまめかしく怪しいアンという女と不思議な捨て子が描かれていた。主人公は最後は捨て子に嫉妬してこの街を出てゆく。
スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

時薬

 『噂の真相』の編集長、実は総理の私設秘書がまた政界に顔が聞くようになったという噂がある。いや総理がまた彼を必要としてきたのだろう。
 それで彼から今日の奇妙な京都祇園でのセッティングとなった。それを話したら団長が一緒に新幹線に乗ると言う。周平が祇園に行っている間に団長は通天閣に行くと言う。夜は飛田のスナックで一時一緒に仕事をしていたという姉さんとの話をケイ君に段取りさせたようだ。
 この祇園の店は旗手社長と何度か使ったことがある。部屋に通されると襖の近くにただ一人のお膳が置かれていている。隣の部屋に編集長と総理が食事をしているようだ。
「今回の大震災は予想外だったね?」
 編集長の声だ。
「会社の再建が見えなくなりました」
「でどうする?」
「ベンチャー事件は今後どういう展開に?」
 きっと総理にはこの事件の絵ができているはずだ。自分の名前が出てこないことも分かったはずだ。だから私設秘書をまた手元に引き戻したのだ。第1秘書ではできることは限られている。
「思い切り長く引っ張ることにする」
「時薬だな」
 重なるように総理の声が聞える。
「そろそろ引退の時期だ。院政を引きたい。そのためには金が欲しい」
「子会社を切り離します。負債もしっかりついていますが、それも使い道があります。仲介をお願いできますか?」
「面白い」
 これも思わず出た総理の声だ。
「Yテレビや銀行筋もこれからバブル崩壊が始まって合併狂乱時代が来る。政界も冬の時代だよ」
 その後からぽつりと、
「ひょっとしたら彼が勝ちを収めるかもな」
と総理のつぶやき。しばらく沈黙が続いてゆっくり襖があく。
「こちらで飲もうや」
 編集長が女将を呼んでお膳を寄せて、舞妓さんが入ってくる。














テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

大震災

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

二度目の青春

 舞台の夜、ホワイトドームに戻ってきてみんな朝まで酔いつぶれた。そのままカウンターで演技の続きをしている者もいる。参加できなかったユキが眠たくなるのをこらえて見ている。目玉さんもギターを弾きながら自分の世界に入ってしまっている。団長と周平は定位置の片隅でちびちび小瓶のビールを飲んでいる。
「これからどうしようか?」
 これは周平が自分に問いかけている。
「私今回初めて舞台の脚本を書いたけど、まるでアンさんが乗り移ったようにすらすらペンが走った。夢の中にどんどん情景が現れてくるの」
「完全に母の中に入っていたよ」
「私まだ書き足りないの。アンさんがもっと書いて!と叫んでいる。私には記憶がなかったけど、アンさんの記憶が私の記憶に置き代わろうとしている。どんどんアンさんの感情が押し流されてくる」
「君を抱くと言うのは団長と母を抱くことになるのか?」
「アンさんは喜んでいる。これは今までは分からなかったのだけど、今回この舞台を演じてみて一つ大きな事実にぶつかった」
 団長の目が異様になまめかしく光っている。
「アンさんは周平に恋していたと思う。ひろしの自身を銜えるシーンで私はそれを感じた。だから自分を周平から引き離そうとし続けたと思う」
 確かに心のどこかに押し付けていた不確かなぼやけた記憶がある。どうもあのシーンがそれを蘇らせてしまったようだ。あのシーンに至る話を団長にはしたことはない。家を出て大学に通うまで、周平は体中の力が抜けるように眠った日は朝立ちしないほど疲れているのだ。そういう朝はアンはいつの間にか部屋からいなくなっているのだった。
 こんなこともあった。珍しく母が昔勤めていた寿司屋に一人で入ったことがあった。80歳近いお婆さんが、
「いつ戻ってきたんや」
と周平に声をかけてきたのだ。どうも周平は母似ではなく父似だったようだ。そのことを母に話すと急に怒り出して二度と寿司屋に行くなと叫んだ。色々な記憶がよみがえってくる。
「アンは二度目の青春を私の体を借りて迎えるのだわ」
 団長の声が確信に満ちていた。














テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

記憶の底の風景

 本人死亡でM商事の会長が監査役の殺人教唆で立件され、同時にM商事の社長は会長を解任した。その後任に代表権のない会長に相談役が選ばれた。筋書き通りだ。Yテレビの株の買い戻しも始めた。これについてはM銀行の頭取が一枚かんだ。これについても周平は『噂の真相』に記事を書いているので、原稿料として社長から送金があった。
 夜、新橋のビルから日比谷に出た。『アンの青春』の舞台を見るためだ。テント公演だが1か月も予定よりロングランしている。テントの前に来るとケイ君が舞台に案内してくれる。
 幕が開く。後ろに大きな通天閣の景色が描かれている。暗転。舞台が現れて、目玉さんが懐メロを歌う。彼は昔地下道のトンネルでギターの流しをしていた。目が見えないとは観客は思わないだろう。次に腹の出た小人のデカ鼻が蝶ネクタイで現れる。アンをマイクで紹介する。
 団長の扮するアンが当時の流行唄を歌いながら華麗に踊る。踊りは外人部隊の時に教えてもらったようだ。唄は学生時代から上手かった。あまり顔を見ない若い女が一緒に踊る。幕端にケイ君の顔が見える。何やら合図を送っている。
 突然舞台が真っ暗になる。三色のライトが交差するように舞台の中央に現れた全裸の女を照らす。アンがゆっくり滑るように舞いながら弾き語りを始める。後ろにバイオリンを持った目玉さんが浮き上がる。
「・・・大きな夢にあふれこの街に来たの。でも今は舞台が終われば私は悲しい迷子よ。裸の私、可哀そうな私。もっと可哀そうな息子よ・・・」
 紙幣が紙吹雪のように舞う。暗転。
 いつの間にか舞台裏に変わっている。フランケンが大道具を運んでくる。小人のデカ鼻が集めた紙幣を籠に入れて半裸のアンに渡す。アンはいくらかをパンツに押し込んで後はみんなに配る。腹の出た背広男がアンの背中を撫でている。口説いているのだろう。何度も首を振るアン。そばに少年が。暗転。
 薄暗い部屋に疲れ果てて眠ってしまった少年ひろし。電球の上に通天閣が見える。アンは呻くようにひろしのズボンを下げて彼の命を吸い続ける。
 周平は涙をぬぐうのも忘れて記憶の底に眠っている風景を見つめている。






テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR