夢追い旅 密談
FC2ブログ

密談

 旗手社長の車に乗り込むと、議員会館に吸い込まれてゆく。周平は運転手から黒革の鞄を預かって、秘書よろしく社長の後ろを追いかける。社長は顔を合わせてから一言も口にしない。黒崎とも違うし舅とも違う。必要がないからしゃべらないという感じだ。
「先生はもうすぐ国会から戻られます」
 秘書がそれだけ言うと、部屋を出てゆく。
「地図はしっかり頭にあるか?」
「はい」
「赤坂の土地の中に未回収部分に国の土地がある。広大な面積でどんと幹線に接している。ここが入るか入らな いかで土地の価格に大きな差が出る。もともと不可能として計画外にしていた。M商事の会長にもこの情報はない。だが黒崎さんの昔の議員ルートで道が見えた」
「買い上げるのですか?」
「いや、新しいビルの中の専有部分と等価交換する。だが、もちろん簡単なことではない。その交渉を君に根気よくやってもらう。黒崎さんが君が適任だと言う。ほんとは黒崎さんにお願いしていたのだが、あまりにも顔がさすらしい。この業界ではまだまだ彼は有名人なんだ」
 この人はズバリとものを言う。
「二人でトイレに行く。その時この鞄は忘れてゆく」
「お金が?」
「ああ、金額は知らないほうがいい。それから議員と会うことになるが、こちらが手ぶらで帰ることになったらひとまず成功だ」
 緊張が見て取れる。
「トイレをお借りしても?」
 入ってきた秘書に声をかける。彼も承知済みのようである。二人で退席する。
 10分ほどかけて、トイレに並ぶ。すると先ほどの秘書が
「どうぞ」
と声をかけてくる。
 ソファの上にもちろん鞄は消えている。
 テレビでよく見る顔だ。
「今後は彼が寄せていただきます」
 握手を交わすと、5分で会談はお仕舞だ。

 



スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR