夢追い旅 対面
FC2ブログ

対面

 先月から団長に20万円を入れている。ほとんどホワイトドームから出勤している。カオルの調子は少しはよくなっているが、1日の半分は寝ていないとダメなようだ。彼女は顔を見るとセックスを求めてくるが、団長が許さない。医者から注意をされているようだ。かといって団長に体を求めるわけには行かない。変な三人の生活だ。
 休日は夕方まで周平が何もなければカウンターに入る。でも客は勝手にビールを出してきたり、つまみの袋を出してきて食べて、自分で勘定をを済ませて帰る。無人販売機のようなものだ。夕方になって、団長が買い物に出かけて付きだしを作る。食事は定番のものをみんなが頼む。ちょっとした共同生活のような店だ。病院関係者が大半だ。古い医者や介護士も来るようである。
 今日はまだ団長は買い物から戻っていない。カオルは濃厚なキッスをしてから眠ってしまった。
 いつの間にか轟がカウンターにかけて自分で湯割りを飲んでいる。
「呼んでくれりゃいいのに」
「何を言ううんや。やってるのに声かけられんやんか」
「悪いな。今日は黒崎さんの?」
「いや、団長のリンチ事件の調査や。お金は先払いでいただいてるものでね」
 元刑事上がりに頼んでいた件だ。
「リンチ事件では1人死亡している。別の大学の学生だ。2人は重体で救出されていた。加害者と思われるのは同じセクトの学生だ。7人いたと記録されている。名前が記録されているのが5人。ここに例の太田黒の名前も松七五三聖子の名前も出ている」
 指名手配を受けた時の二人の写真をカウンターに置く。サングラスを外せばこれは太田黒と判別する。だが、松七五三聖子は記憶に重ならない別人のようだ。口を真一文字に結んでいる。
「逃亡した学生は一人も見つかっていない。ダチの元刑事が重体の一人の身元を見つけた。女性で今は結婚して子供もいるようだ。同じ大学で松七五三にオルグされたようだ。タンカーに乗る話になっていたが仲間割れになったらしい」
「これが私かあ」
 白い指が写真をつまんでいる。前のサングラスの太田黒が見せた写真とまたずいぶん変わっているようだ。
「気の強そうな顔してるね」
































スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR