夢追い旅 ねじれ
FC2ブログ

ねじれ

 旗手社長から携帯が入り、藤尾から赤坂購入の真相を記事にするように頼まれた。真相は別に自分に聞かせてくれという条件付きで、記事は会長を追い詰める内容でという注文である。藤尾には小林から連絡が入っていて、久しぶりに赤坂の地上げ現場で二人で酒盛りすることになった。 
「藤尾さんは真実だけ話してくれたらいいですよ。脚色はこちらの方でします。藤尾さんの名前も出しませんし、不利になるようなところはカットします」
と言ってお椀に日本酒を注ぐ。
「そうですね。もともとは会長直々に呼ばれて、赤坂の地上げを不動産事業でしてもらうということから始まりましね。当時の不動産事業部長が反対していたので私に番が回ってきたのだと思いますわ」
「どういう説明でした?」
「名前は明かせないが数社で赤坂を上げるということで、資金はS銀行から出るとも」
 この辺りは旗手社長の説明通りだ。
「S銀行では誰に?」
「クラブで会長にS銀行の営業本部長の紹介を受けました。会長は次期頭取だと言ってましたわ。それ以降は支店長と融資はしてもらっています。ほとんど詳しい調査はなくお金が出ていましたね」
 部屋の石油ストーブで熱いぐらいになって藤尾はシャツ一枚になった。
「その数社というのは想像つきますか?」
「それは現場でぶつかるのではは~んと気が付きましたよ」
「名前はいいです。このベンチャーの会社もS銀行から金が出ていますね?」
「でも担当支店が違うんですわ。これは噂ですが、赤坂は営業本部長から頭取直轄になったようで」
 二つの支店名を書いてもらいます。これも派閥争いか。会長は営業本部長のラインである。
「いつ頃からこのねじれが起こったと思います?」
「うん、辞める半年前から急に買いのスピードが増し始めたな。その頃から会長の裏金抜きが頻繁になったわ。立ち退きの和解金が抜かれるので、心配になって会長に一言言ったんですわ。何しろあの金が合わないとなるとこちらの責任になるんや」
「その裏金の通帳は?」
「柳沢に引き継ぎましたわ。それからあの事件が起こって退職したんですわ」
「会長は藤尾さんが目障りになって、柳沢がそれにうまく乗ったということですね」
「通帳のコピーはとってますわ。必要ならだしまっせ」








スポンサーサイト



テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR