夢追い旅 雌猫

雌猫

 マドンナは急ぐ風もなく、タクシーを拾って赤坂のホテルに着ける。周平は前のタクシーを追いながら携帯を覗く。ケイ君からはまだ報告はない。尾行は肌に合わないようだ。彼女は一人でレストランに入ってコーヒーを頼む。待ち合わせしているのか。周平も背中になる位置に座って週刊誌を開く。
 あと10分で8時になる。柳沢とは別行動なのか。となるとここに現れるのは舅だ。どうもマドンナと舅と柳沢の関係が呑み込めない。
 入ってきたのは柳沢だ。
 その時にケイ君からメールだ。
「後ろの席にいる。柳沢をつけてきた」
 携帯の画面に文章が入る。だが彼の姿は見えない。
「少しやばいことになる。狐は精算してロビーに出た方がいい」
「どうして?」
 回答はない。そっとレシートを持って立ち上がる。その横を物凄い勢いで駆け込んできた女がいる。もう少しで飛ばされそうになる。レッジのそばの席にケイ君の顔が見える。ほんの瞬間の出来事だ。駆け込んできた女がいきなりマドンナにピンタを食らわす。柳沢が間に入る。店員も飛んでくる。
「この雌猫が!」
 マドンナはハンドバックで応酬しながら席を離れる。
 柳沢が女を取り押さえている。周平はロビーに出てくるマドンナの背中を追いかける。思い切って同じエレベータに乗り込む。さすがに動転しているのか、マドンナはランプばかり見ている。客室階で飛び出すように降りる。周平も後に続く。
 部屋のドアをノックする。そこから顔が半分覗く。ガウンに着替えている舅だ。
「さすがに暴走族のヘッドだけある」
 ケイ君のメールが入ってくる。









 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR