夢追い旅 密室

密室

 カオルのお腹が目立つようになってきた。今日は団長が病院に付き添っている。ホワイトドームは誰がいなくてもお客が番をする。周平はカオルの写真を撮りだしている。生まれてくる子供に見せる母親の写真と周平の写真だ。どういうわけか団長は反対もせずにシャッターを押してくれたりする。
 サングラスの太田黒は日本から姿を消したようだ。
 周平は朝からSハウスに赤坂の売買の交渉に出かけていることになっている。どちらに転んでもこの件は旗手社長が時期を握っている。
 周平は昼過ぎにネクタイを締めてNビルに行く。旗手社長が盛岡から戻ってくるのである。黒崎も小林も呼ばれている。
 ミーはよそよそしく周平の紅茶を入れて部屋をさがる。
「専務から連絡が入ったが、不動産子会社の上場はほぼ決まったようだ。いよいよ赤坂の処理を始めなければならなくなったよ」
 機嫌がよい。
 だが華々しい舞台にはここにいるものは上がれない。すべて黒子だ。
「赤坂がらみはこの際すべて小林君のところに移してくれ。金がいる。赤坂か未公開株かどちらかで資金を作る」
「M商事も腹をくくったと思います」
 率直な意見を述べる。
「だったら1度Sハウスに指値をさせれば?」
「いくらで?」
「10分の2の200億でどうだろ?」
「それでは」
「計算ではどうなる?今までの儲けと差し引いて会長が食ってしまった200憶だけが食い込むじゃないか」
 旗手社長は計算をしているのだ。黒崎さんそれでM銀行と話をして下さい」
「S銀行のほうは?」
「Sハウスの新規貸し付けの方がメリットは大きい。それにS銀行の頭取はこのからくりはお見通しだから」





スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR