夢追い旅 根回し

根回し

 周平がSハウスの社長と会って赤坂の指値の話を持って帰ったことになった。黒崎と相談で100億という数字を出した。今日はそれで不動産事業部で会議が行われている。結論が出せることはないが、舅は評価はこれでも十分だという説を続けている。そこになぜ1000億の投資が100億になったのかについて調査をしている。それは全体の中で不透明な会計が行われているという指摘だ。
 久しぶりに相談役の部屋に呼ばれた。
「今朝M銀行の頭取から電話が入った。それで君が聞いてきた100億の話もしたよ」
 どうも黒崎も手早く動いたようだ。
「評価としてはそんなものだろうということだよ。買い手としては今のところSハウスしか考えられないから慎重に扱うようにと言われている。君は感触としては?」
 相談役は人はいいが自分の信念というのに欠ける。
「でもS銀行はそんな値段で担保は外しませんよ」
「頭取も同じことを言われた。この際会長を引退させる。社長も抱き合わせする。この辺をまとめたらM銀行もメインとして資金応援も可能になると」
「その話は課長の私では荷が重すぎますよ。鈴木取締役は?」
「いや、頭取が今回は伏せておくようにとのことだ」
 会長の処分と絡むと判断しているのだろう。舅は会長の懐刀だった男である。それにこの動きには黒崎の影が見え隠れする。旗手社長が柱だが黒崎が得意の根回しをしている。舅は確かに一歩先を歩いてここにたどり着いたが、でも手持ちの駒が少なすぎる。マドンナに捨てられる舅は見たくないと思う。男の目でしか女を見れていないのだ。
「もう一度Sハウスの社長に会えるか?」
「材料が用意できますか?」
「本社の建替えを任せるというのはどうかな?」
 この話はここ数年上がっているが、銀行の融資が決まらないでいたのだ。どうもこれもM銀行の案のようだ。
「しばらく内緒にしておいてください」











スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR