夢追い旅 周平が二人
FC2ブログ

周平が二人

 車が連れて行ったところは、アパートからそれほど離れていない。運転手は車を車庫に入れると、そこからエレベーターに乗る。ここに取締役がいるのか。
「入ります」
 真面な会社の雰囲気ではなさそうだ。大きな皮のソファーに黒塗りの大きなデスクがある。
「座りたまえ」
 先ほどの運転手がコーヒーを運んでくる。柔和な表情だが、目が笑っていない。ビルは古いが、部屋の内装は豪華だ。まさか本物とは思えないが、大きな風景画がかかってある。
「鈴木取締役は?」
「先ほどまでここにいたよ。彼は、昔この事務所にいた。久しぶりに使える男にあったと思っていたが、今のM商事の会長に取り上げられたよ」
 この話は初めて聞いた。
「そうだな、彼は5年ほどここにいて、ライターの仕事をしていた。M商事は昔からのお得意さんだ。今の会長が、社長になる時に、初仕事で手伝いをした。社長の確率が一番低かった男が、なぜか社長になった。その時、彼が担当について、M商事の課長になった。仕事の時だけの貸し借りと思っていたが、気に入れられたようだ。今の初代の企画室長だ。何をしているのかは誰も知らない」
 そういえば、相談はたいてい会長の秘書からかかってくる。現在の社長は、資金繰りがしんどかった頃銀行から来たと聞いている。今でも会社の決め事は会長のツルの一声で決まる。
「裏話を簡単にしていいんですか?」
「いや、おいおいもっと深い話をする時が来る」
「たとえば、鈴木君の奥さんに会ったことは?」
「もちろん、義理の母になりますから。銀座のクラブの経営をされていますね」
「それは表向き。会長の彼女だったんだよ」
 そういう噂は一つも流れていない。
「娘さんは?」
「会長に似ている」
 確かに、ペイペイの結婚式に会長が顔を出した。それが周平の出世の神話になっている。
「入ります」
 先ほどの男がドアを開けて入ってくる。
「この名刺を使ってくれ」
 名刺には、田辺一郎とある。先程、アパートで書いた名前である。Kジャーナル記者とある。
「しばらく、君は二人だ。M商事は匿名の仕事と言うことで、話はできている」








スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR