夢追い旅 B勘

B勘

 さすがに定年間際まで銀行員だっただけはある。顧問は一日中書類を見ていても飽きないらしい。時々思い出したように質問をしてくる。非常に常識人の質問なのだけども、M商事を理解するにはあまりにも常識人過ぎる。1引く1はゼロにならない。
 ただ周平には声をかける人が1名増えたことで動きずらい。談合と言っても、それは何の?という具合ですぐに外に出てゆけないのである。
「遅いわ」
 呼び出したミーがへそを曲げている。
「旗手社長は?」
「言うだけ言ったら飛び出していった」
 その姿が見えるようだ。ミーも言いながらくすっと笑っている。
「周平は代議士に運ぶお金がどこから出ていると思っている?」
 ミーがパソコンを開きながら尋ねる。
「B勘だからね。本社の経理部長辺りが汗を流してるんだろうね?」
「この会社は社長が仕組みをこしらえているの。実は私はそれの担当」
「まさか」
「そのまさかよ」
 パソコンの画面に会社が並んでいる。
「今は7社だけども、これからどんどん増えるわ」
「この会社の社長はあの小林?」
「そう。裏方の人間が社長の名前を貸している。ここでB勘を作り出しているの。この会社は風俗の仕事をしている」
「ミーが社長だね?」
「お釜クラブ。私のねいさんがママをしているわ」
 なるほど。本体の事業ではないところからB勘を生み出しているわけだ。
「もう私では支えきれないの。周平に見てもらえと言ってたわ」
「これはラブホテルか」
「もう25軒になるよ」
「なるほどなあ。M商事は経理部長が担当しているので、挙げられてばかりだ。税理士は?」
「腐れ税理士がいるわ。持ち出しは禁止、ここで見るの」










スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR