夢追い旅 新しい動き

新しい動き

 さっそく不動産会社の人事部長が手配をしてくれた。
 大阪支社の古参の次長が会議の帰りにNビルに寄ってくれることになっている。自由に話をしてもらいたいからと、人事部長は同席しないことになった。
「わざわざすいませんね」
 周平は秘書室長の名刺を出した。Nビルの存在は有名なようだ。ミーが気を使ってコーヒーを入れてくれる。彼は感心したようにミーのすらっとした足を見ている。
「もともと住宅情報誌では私が上司でした。彼はもともとアルバイトで入ってきていましたが、成績はいつもトップクラスでした。結構強いコネがあるらしく一匹狼的な動きをしてました」
「社員採用は?」
「そうですね。兵庫県出身の代理士が直接社長に話をされたと聞いています。1年のアルバイトを経て、用地取得の課長になりました」
 兵庫出身と聞いてあの癖の強い代議士を思い出した。
「そういうことはよくあるのですか?」
「異例ですね。社員の中には不満を持った人たちもいましたが、どちらか成績を上げる人になびくのはこの会社の伝統ですね。政治家絡みの不動産をさわっていました。だから金額が張るのです。それで親分肌なので若手が集まっていましたよ」
「最近目立つことはありますか?」
 Sハウスの社長の耳に入る情報があるはずだ。
「そうでね。ここ2か月前にファイナンスの小林社長が大阪に来て、支社長とグラブで飲んだのが有名です。彼はクラブで許と言う外人を引き合わせました」
 許まで登場したか。
「先週許の関係するファイナンスに融資をしたようです」
 彼はメモ用紙にファイナンスの会社名と住所と京都の新聞の切り抜きを挟んでいった。








スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR