夢追い旅 狐
FC2ブログ

 再び、あの不思議なスナックの椅子にもたれている。
「詐欺師という条件で、歓迎するわ」
 相変わらず表情のない顔で団長が答える。ケイ君がにこにこ笑って隣の席にかける。
「詐欺師と呼ぶわけにはゆかないから、狐でいいかしら?」
「狐、悪くない」
 ケイ君が一人納得している。
「私はビールにするけど」
「同じので」
 いつの間にか、カウンターに6人ほどの顔が並んでいる。周平が周りを見渡していると、
「一人心配な子が欠けているんじゃないの?」
と笑いながら、ビールを注いでゆく。
「この子は、狐のファンだからね」
 ひょっこりとカウンターの中からカオルが顔を出してる。
「本当に鋸で引きはしないよ。カオルがあんたを呼ぶって言わなかったら、この席に座ることはなかった。でも、座ったことがいつの日にか後悔することになるかもね」
「団長らしい言い回しだよ。この俺もそう言われたが、結構楽しんでいるよ」
 ケイ君が話をとりなしている。
「カオルさんもビールを飲んでるが?」
「ああこの子の好物だよ。でも歳は見た目より上だから心配はいらない」
「歳は言わないこと!」
 カオルの目が吊り上る。
「これはクラブの厨房で頂いたものだから、遠慮なくいただいて」
 さっとあちらこちらから手が伸びてくる。カオルが周平の分を皿に分けてくれる。
「この集まりは劇団か何か?」
「何かちょっとましなことをしようと5年前から始めた。もともと本業はスリ集団だね」
 ケイ君が悪ぶりもなく言う。団長も否定しない。
「このスナックは昨年亡くなったママからいただいた。家賃さえ払えば使えるようにしてもらっている。この2階にカオルと私が住んでいる」
「姉妹?」
「あまりまとめて質問はしない。なんでも、最初から分かってしまったら面白くない。狐も、最初は詐欺師からの出発よ」





スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR