夢追い旅 臭いものに蓋をする

臭いものに蓋をする

 慌ただしい日が続く。轟が小林と許のクラブでの盗聴に成功したと報告があった。京都駅裏の更なる買い増しの融資の依頼で、小林がバックを1億を要求している。小林も代表権を外されたのでこの辺りで大きく稼いでと考えているようだ。
 ケイ君の携帯に入れると、まだ大阪にいるようだったので、もう一度京都によって帰ってもらうことにした。もう一度地元の新聞記者に会って、次の購入地と状況を調べてもらう。その後すぐにファイナンスの人事部長に大阪支店の稟議状況を調べてもらう依頼をした。
 周平は今日は直行で私設秘書の事務所を訪ねている。『噂の真相』の次号にこの京都駅裏地上げのシリーズの原稿を持ち込んでいる。
「いや何とか雑誌社のような感じになってきましたね」 
 最近リホームを入れて打ち合わせテーブルに本棚が並んでいる。それに若い女性事務員を入れている。
「雑誌が案外いい商売になるんだよ。それに法人会員が思ったより増えている」
「それは総理の秘書の名刺が効いているんですよ」
「今のうちに老後の準備をしとかなきゃな」
 彼は彼なりに今の総理が長くないことを感じているようだ。
「報告は読ませてもらいましたが、未公開株の現場での感触はどうなんですか?」
 出してもらったコーヒーを口に運びながら尋ねる。
「いやな燻りがあるな。これは総理にも内緒にしているのだが、リスト通りに未公開株が配られていない気がするんだ」
「それは?」
「今回は総理自身が第1秘書を使ってやったのでつんぼ桟敷なんだ。敢えて私を外したという気がしている」
「そっれはまたどうして?二人三脚でここまで来られたんでしょう?」
「だから臭いものに蓋をする。私設秘書の宿命かな。だからあんたとのこの仕事を大切にしている」
 未公開株がリスト通り配られていないとメモ書きする。
「この原稿を次にシリーズとして乗せてください。今回からペンネームを薫に変えてください」









スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR