夢追い旅 裏方同士
FC2ブログ

裏方同士

「何時ぞやぶりですね。鈴木部長はお元気ですか?」
 ここは新橋にある、彼の事務所らしい。
「今日のセットは?」
「国崎さんですよ。そうですね。新しい名刺頂けますか?」
 ベンチャー企業の小林取締役がどこまで国崎と話が進んでいるのだろうか。薄ぺっらな取り持ち部長に見えたが、案外役者なのかもわからない。周平は名刺を出しながら、相手が出す前回とは別の名刺に目を通した。
「ファイナンス会社の社長なのですね?」
「会社を買い取って、ここに会社を移したところですよ。まあ、うちの社長は何をし出すかわからない。とにかくここに座っていろということで座っていますが」
 若い女子社員が、コーヒーを運んでくる。
「国崎さんとは?」
「ええ、一時はあそこで運転手をしていました」
「それなら鈴木とは?」
「いえ、入れ替わりだったようですね」
 今のベンチャーを調べてみたが、小林の名前は会社設立時の友人の一人と記されていた。
「確かに友人ではありますがねえ、詳しく言うと、一つ上の先輩になるんです。やはり会社を起しましたが、不渡りを出して国崎さんにお世話になり、そのうちに、国崎さんの命令でベンチャーの一員に加わったというのが事実ですよ。資金担当のような位置ですね。彼もそれをわきまえていて、私を会社の表には据えませんでしたよ」
 不満はあるようだ。だが腹を割る相手ではなさそうである。
「何か指示が出ていますか?」
「いえ、指示はあなたの方から来るものと聞いています」
 そう言う彼のところに先ほどの女の子がメモを持って入ってきた。
「今晩どうですか?副頭取がうんと言ってもらえば、・・・」
「銀行ですか?」
「今回、銀座の本社ビルを買うのです。この話を持ってきたのは、国崎さんですよ。S銀行の融資付きだということで、社長が乗ったのです」
「あの上場会社の本社ビルですね」
 M商事にもこの話はあったが、さすがにこの金額は役員会議でまとまらなかった。とくに反対したのは、ライバル銀行から来ていた社長だった。この融資額がS銀行から出れば、メイン銀行が入れ替わることになる。
 今度は小林は自分の携帯に出た。
「はあ、分かりました。今からあのアパートに来てくれと言えばいいのですね」
 どうやら、国崎からの呼び出しのようである。






スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR