夢追い旅 出る杭は打たれる

出る杭は打たれる

 翌朝、カオルにお早う!の挨拶をしていたら、旗手社長から携帯があった。今日ミーが二人の携帯を買い替えに行く予定にしていた。
「段取りよく片づけてくれたようだな?」
 専務辺りから報告を受けたのだろう。
「問題があれば?」
「君に任した。ところで今から神戸に来てくれ」
と言ってホテルの名前を告げた。団長に声をかけて私服で家を出る。途中で社内からミーに連絡を入れる。
 昼前にはホテルに着いた。フロントに名前を告げると、最上階の部屋を教えてくれた。ドアをノックすると旗手社長が顔を出した。窓際の椅子にどこかで見たような恰幅のいい顔があった。
「スーパーD社の社長だ。昔からの先輩になる。昨日から泊まり込んで話を続けている。ようやく方向が決まったので来てもらった。専務は今日から地検に呼ばれている。だからこれからの動きは君に任せる」
 二人ともパジャマ姿で砕けているが、かなり疲れた様子だ。
「書き物はないから頭に入れてくれ。専務には君に伝えると言ってある。この調子なら明日の朝には呼び出しがある。どうも僕の夢のストーリーはここでお終いになるようだ」
「そこまで?」
「出る杭は打たれる。古い言葉だがまだしっかり生きているのさ」
 ここで初めて冷蔵庫からビールを出してきて栓を抜く。今まではコーヒーを飲んでいたようだ。
「おそらく長い裁判になるだろう。だが会社は潰したくない。そのためには本当のリストを見せるわけにはいかない。総理も同じだろう。小林が持ち出したリストを本物にしてしまうのだ。2つ目からは出したくない名前が並んでいる。これは僕以外総理と君だけだ真実を知っているのは」
「それで会社は生き残れますか?」
「残るいや、残す」
 どうやら旗手社長は真実を墓場まで持って行く気だ。
「いい時期を見て専務にバトンタッチした代表をD社の社長に譲る」
 D社の社長が頷く。ここまで話は決まったようだ。
「君も落ち着いたら、自分の将来を考えてくれ。しばらくは頼むよ」
 珍しく旗手社長が握手してきて、最後にD社の社長の手がそっと二人の手を包んでいる。旗手社長の涙を始めてみたと思った。
















スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

出すぎた杭なら打たれない^^
プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR