夢追い旅 時間の隙間

時間の隙間

 疲れ果てて神戸駅のベンチにへたり込んでしまった。旗手社長の疲れも背負い込んでしまったようだ。ある日山手線を夢遊病のように回り始めてから、どうやら周平は時間の隙間に落ち込んだようだ。このまま時間の隙間で生き続けてよくのだろうか。これから東京までとんぼ返りする精神的な体力がない。無意識にポケットに手をやって携帯を取り出す。団長からのメールが入っている。
「ケイ君とカオルとユキを連れて今大阪にいます」
 折り返すが、呼び出すが応答はない。周平は取りあえず大阪のあの病院のある駅まで出ようと思った。
「よかった」
 大阪駅で団長に繋がった。
「どうした?」
「あの看護婦さんからケイ君に連絡があったの。市場の人に確かめてくれたら近くのアパートから買い物に」
「それでもう行った?」
「それが地図で見ると何棟もあるので明日行くことにした。周平は社長に会えたの?」
「ああ、重たい仕事を受けたよ」
「東京に帰る?」
「今どこ?」
「病院の近くのビジネスに入った」
「今から行くよ」
 携帯を切るとすぐにミーに連絡を入れる。
「とくに変化は?」
「ファイナンスにも査察が入ったわ。社長と会った?」
 小林が何か自供したのだろう。
「ああ、おそらく今日中に東京に戻ると思う。見せるものは見せる。隠すものはその中に混ぜてしまう。明日そちらにメールを送るので『噂の真相』に載せてくれと言っておいて」
「私が持って行けばいいのね?」








 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR