夢追い旅 母の死

母の死

 丸一日市場の近くの文化住宅を回ったが、伯母いや母の消息はつかめなかった。ケイ君が3人分の塗りつぶした地図を整理した。それで夜に周平とケイ君で留守宅を再訪した。団長はユキとカオルの晩御飯を買って帰る。周平とケイ君は9時までは食事抜きで留守宅48件を回ってしまうことにした。
 9時前予定通り周平は後3件まで迫った。これといった情報がない。ここは昼には人が誰もいなかったところだ。気づかなかったが剥げた不動産の看板がかかっている。
「店は終わっている」
 70歳を超えたようなランニング姿の老人がテーブルに据えたテレビを見ながら缶ビールを飲んでいる。
「そういや、3人で営業してしていたみたいやが?」
「人探ししてたのです」
「写真か何かあるのか?」
「いえ、60歳くらいに見える女性なのですが。首から買い物かごを下げていたとも聞いていますが?」
 出してくれた椅子に腰かける。
「それなら知っているわ」
と言うと古いノートを出してきて調べる。
「そうや。これやな」
 すごくたどたどしい字で『田辺アン』と書いてある。
「芸名なのかと言ったら本名だと言ってたな。家賃はいつも月末に持ってきていた。若い頃は別嬪さんだったな」
 周平は何から尋ねたらいいのか迷ってただ話を聞いている。
「もう2年にもなるかな。北側の1階は雨漏りがひどくて半分は空いたままだ。一番安い部屋ということでその1階の一番奥に入ってもらった。それでもいくら何でもと思ったから板を探してきて打ち付けたんや」
「今教えてくれる?」
 いつの間にかケイ君が背中から声をかける。
「残念やが6か月前に亡くなったわ。家賃を持ってこないなと思って、月が替わった3日目に覗いたんや。部屋は閉まったままだったんで、警察も呼んで合鍵で開けたら、炬燵にうつ伏せになるようにすでに息はなかった」
 周平は長らく忘れていた涙があふれて剥げたテーブルに落ちて滲みるのを見た。ケイ君がその涙を拾うように手のひらを置く。
「苦しんでいた?」
「いや、笑っているようやった。そうや息子さんの写真に頬をつけて安らかに眠っていた」
















スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR