夢追い旅 かく乱工作

かく乱工作

 小林がふけた。会社は民事裁判を取り下げた。問題は許の件だ。その調査は轟に任せている。裏の業界では約束を守ることが大切だ。
「結構大変な作業よ」
 ミーがテーブルに積みあがった雑誌の切り抜きをしている。
「Y新聞系がベンチャー事件を連載にしているけど、ここが一番過激ね。未公開株のリストに沿って実名で調査報告をしている」
「ファイナンスの方に査察が入った。リストの人間で借り入れをしてるケースが結構ある。ファイナンスの社長からは借入リストを貰ったが、裏のリストの人間はいないようだ」
「社長交代の議論が始まっているわ」
 これは定期的に総務部長から報告が入る。
「旗手社長は交代については腹案がありそうだ。でもここは裏のこちらは関わらない」
 チャイムが鳴って轟の顔が防犯カメラに映る。これは藤尾がつけてくれた。
「許の件だが大阪と東京の組が探し回っている。彼は京都駅裏の土地を買って双方に商談を持ちかけて値段を釣り上げていたようだ。それが買えなかったでは済まないな。殺される」
「どこにいる?」
「1日前までは京都の会社にいた。今は行方不明だ。小林は?」
「約束を守ってふけたよ。例の不動産の大阪支社長は?」
「調べてみたが会社にこもりきりで泊まり込んでいるという話だ。案外二人とも気が小さいな」
 ミーも周平も暗黙の内で考え続けていることがある。どこまでやるかということだ。これは旗手社長が拘留されるまでに旗手社長の意向は伝え聞いている。裏のリストさえ消してくれたら好きな道に進むがいいということだ。
「轟、この記事をいつものところに届けてくれ」
 『噂の真相』もしっかり業界紙の仲間入りをしている。今度はYテレビ社長がM商事会長と組んで乗っ取りを企んでいる情報を赤裸々に書いている。もちろん黒崎と舅も伏字で乗せている。
 だがベンチャー事件を消し去れないと思っている。ただ旗手社長の希望の核心だけそらしてくれということに全力を注いでいる。






スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> ブログ、お客さん入ってます・・?
> 僕も小説書いてるけど全然客こない・・。

今まで書いていたものをブログに乗せるが第1番です。
アクセスは上げる方法は分かっていますが、案外無駄な力がいるから…。
でも出版社がよく見ていますよ。

No title

ブログ、お客さん入ってます・・?
僕も小説書いてるけど全然客こない・・。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR