夢追い旅 虚をつく

虚をつく

 今日は乳母車に乗ったカオルを連れて団長が山の手線の駅まで送ってくれた。周平のことをパパと呼び団長のことをママと呼ぶ。周平はカオルの瞳の中にカオルを見ている。まるでカオルは小さなカオルの体を借りて蘇ってきたようだ。
 周平は書き上げてきたノートが出来上がるたびに松七五三聖子の恋敵であった友人に送り続けている。でもそろそろ終わりにしようと何度か手紙を書きかけたがそのままになっている。
「行ってらっしゃい!」
 団長の声でカオルにバイバイをする。
 ベンチャー事件は収まるどころか日に日に燃え盛ってゆく。昨日は専務が新社長になって旗手社長が会長になる人事が発表されたが焼け石に水だ。それで新社長から神戸行きを頼まれて東京駅で総務部長から旗手社長の手紙を受け取る。
 新神戸に着くと知らされたホテルの部屋番号に直行する。
「いよいよだな」
 手紙を手にしてD社の社長が神戸を見渡せる広いガラス窓に向かってつぶやく。
「彼は自分の望んでいるものを伝えるために今の会社は守りたいと言っている」
「何をしようとされているのですか?」
「専務では持つまいと思っている。彼は常に縁の下の力持ちであり続けた。このままでは押しつぶされるとみている。それで私に会長職をしてくれと言っている。世間は二人の仲を知らない。だから虚をつくことになる。いい作戦だが、火の中の栗をつかむには段取りがもう少しいる。だがこれはうちの社員に係らせることが出来ん」
「何をすれば?」
「新社長に売り上げを落とすなと伝えてくれ。銀行もあまりにも巨額ゆえ融資を止めることはできない。だが彼らに任せておくと新社長を銀行から送ってくる。それでは潰れたも同然だ。新社長が会長をお願いに回っている噂を流してくれ」
「分かりました」
「彼を将来の人達が評価する日がきっと来る。私は信じている」







スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR