夢追い旅 蜜柑の皮

蜜柑の皮

 森の中は靄が立ち込めている。熱海の駅まで轟が車で迎えに来てくれた。あまりにも予想外、いや忘れ去られていた事件だった。現場から少し離れた空き地に車を止めて山道を歩く。15分ほど登ると、テープが張り巡らされている現場に出る。
「M商事の監査役もあのチンピラもこの谷に飛び込んで死んでいる。まさか柳沢がとは思ったが、この森を見ていると決められた森だったような気がしたよ」
 煙草をくわえた轟がふーとため息を漏らす。
「9時半頃、別荘に向かった会長の車の後から柳沢の車が付けていたようだ。いきなり後ろの車がスピードを上げて突っ込んだ。ブレーキ痕はなかったということだ。会長と運転手は即死、柳沢は救急車の中で死亡、やくざの妹は重体でまだ生きているようだ」
 崖から柳沢の車体が見える。
 携帯が鳴って轟が頷きながらしゃべっている。
「ダチの元刑事だ。殺人事件として本部が置かれた。柳沢の手帳が発見されたようだ。そこに殺すとあった」
「そこまで恨みがあったのか」
「その手帳に書かれているのだろう」
 さすがに警察も今回は事故としては扱えない。
「手帳の内容は見れないだろうな?」
「試しに調べさせている。これも報酬料の範囲にしてくれ」
「ああ、どこまで書いているか。こちらも呼ばれることになるかもな」
「柳沢が周平がどこまでかかわっていたかを知っているかだな。彼奴の頭の中までは分からん」
 警官が崖から上がってきた。立ち去れという身振りをする。とっさに記者の腕章を見せる。それから携帯を無意識にかける。
「『噂の真相』に柳沢の記事を載せる」
「今日テレビで見たよ。準備しておく」
 この事件は赤坂に繋がりベンチャー事件に繋がっている。闇の中でこそ歴史の事実が組み立てられている。表の報道は蜜柑の皮のようなものだ。














スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR