夢追い旅 仮釈放

仮釈放

 ブザーを押すとミーの声がした。おそらく私の顔が写っているのだろう。すぐにドアが開く。見慣れた玄関の奥にバアのカウンターがあり同じ部屋にダブルベットがある。さすがに綺麗にシーツが掛けられていて乱れは一つもない。
 旗手社長がカッター姿で『噂の真相』を数冊積み上げて読んでいる。
「直接こちらに?」
「ああ、またすぐに戻される。本社とは昼から会長と社長と会う。今の体制が続けば一安心だが、思わぬことも起こり得る」
 それは周平も考えているが、思わぬことが想像できない。
「政界も経済界も下剋上になっている。この事件が転べば体制が変わる。もう私の復権はないだろう。だが会社は潰さない。それは意地だ。下剋上も起こさせない」
 ミーが二人分のアイスコーヒーを入れてくれる。まるで新妻のようだ。
「最後のリストは完全に葬り去ってくれ。もし洩れたらそれは君しかいない。その時はミーに殺される覚悟をするのだな」
「そんなこと言わないでよ」
 ミーが話をそらそうとする。それで旗手社長は笑っている。
「この赤坂事件のシリーズはいい。今回の事件の関係者が絡んでいる。彼らは派手な行動は起こせない。その脅しも含めて書き続けるのがいい。時として核心のそばまで突いてみるのもいい。Yテレビの社長も自分の命は惜しい。銀行は日和見だしな。柳沢があんな行動に出るとは、まだこちらにツキは残されているようだ」
 今日の旗手社長は異常に雄弁だ。
「ミーは店をやるようだが、君も雑誌社でもするかね?」
「いえ、もう少し成り行きを見守ります」
「ありがとう。私が死んだら真実を公表してもいい」
 死ぬまで口をつぐめということだ。その時は誰も周平の言うことなど信じないだろう。








 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR