夢追い旅 明日の道

明日の道

 ミーの店はもうオープンしている。案内状は来たが1か月が過ぎてしまっている。またミーも新橋のビルにも顔を出さない。そういう周平も最近は新橋から足が遠ざかっている。新橋のビルには赤坂の整理を行う新会社の社長となった藤尾が一人で動かしている。彼に引き継いで下がるべきかと考えた時期もあったが、今はもう少し彼とも話を続けて行こうと考えている。
「ベンチャー会社はこれからどうなるんでしょうかね?」
 ミーの店に走るタクシーの中で藤尾が聞く。
「ぜい肉を落としてスリムになるべき時期だろうね」
 今日ミーの店に行こう決めたのは藤尾である。どうも藤尾はミーの店に何度か足を運んでいるようだ。
 エレベターを上がると外はもう真っ暗だ。慣れた足取りで店の中に入ってゆく。
「やっと来てくれたのね?」
「少し恥ずかしいね」
「別れた恋人に再会した気持ち?」
「あれから旗手社長とは?」
「もう会わないと言われた。それでやっとこの道を始められた。周平とはまだ別れていないよ」
 ちょうど舞台に女性陣が並んで挨拶をしていて、思ったよりたくさんの客がボックスに掛けている。
「店を始めて見てね、これからしたいことが見えてきたの。周平もそうだと思うの。藤尾さんが前に来た時もその話をしたよね。そういう意味で旗手社長は私達に任せてくれたと思うの。大きなことなどできないけど、やってみたいことをこのチームでだめかしら?」
「いいと思うな」
 藤尾が同意している。
「最後の仕上げが残っている。だがその考え方には賛成だ」
「今夜は飲んでショーを見ていてね。今度はビルにうかがうわ」















スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR