夢追い旅 夢に乗る
FC2ブログ

夢に乗る

 ファイナンス会社の処理も密かに終えた。重なるようにバブルの崩壊の音が増々大きくなっている。旗手社長のベンチャー事件も紙面から消えて、今は銀行の統廃合が一面を賑わせている。そんな中、これも密かに総理が入れ替わった。待っていたように私設秘書が一党員になった元総理の第1秘書に返り咲いた。彼の編集局は今や経済研究所となり、周平が編集局長に収まっている。だがもう周平の出番はなさそうである。
 団長の『アンの青春』はバブルに逆行するように着実に売れている。それとアングラと称する劇団に巻き込まれるように団長の舞台にも火がついている。
 そんな時に藤尾が久しぶりにホワイトドームを訪ねてきた。
「珍しいね?」
「もうマスターになりきったか?」
「マスターなんかじゃないわ。ただの止まり木の鳥」
 これから舞台に行く団長がビールの小瓶を2つ抜く。
「この並びのアパートを地上げしているところが泣きついてきた。それでしばらくこちらの会社で抱いてみようかと思っている。だがホワイトドームを上げるというプランは難問だ。だがいずれこの周辺は都心に近い絶好の土地としてマンションが立ち並ぶと思う」
「だが相当な時間がかかるな」
「それで相談だ。この隣地で劇場をやらないか?その間にすべてを上げてしまう」
「考えてもいい?」
 真顔で団長が答える。
「新橋のビルも赤坂の残地も処分しようと思っている。ここの空いたビルに引っ越ししようかと思っている。あのあたりも今は国税が調査を始めた」
「劇場を作る?」
「一度夢をかなえてみたい」
 カオルも言葉をしゃべれるようになった。団長は伯母ではなくママと呼ばせている。周平はパパだ。だがいずれ仏壇に並んでいるアンとカオルの写真の説明しなければならない時期が来ることを知っている。そのためにも周平は団長の夢に載ってみたいと思う。







スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR