夢追い旅 手仕舞い

手仕舞い

 思い切って周平は7年ぶりに大学の友人にして松七五三聖子の恋のライバルだった彼の電話番号をプッシュしてみた。これは数か月前から考えてきたことだった。団長、いや松七五三聖子と結ばれることを報告できる唯一の人間だ。そしてこのノートの最後の1冊を手渡しする。これであの日の夢の種の住民になりきれるかもしれないと思う。だがその携帯番号はすでに使われなくなっていた。それでやも得ずノートの配送先に手紙を書いておいた。
「珍しく手紙何か書いて」
 今夜は『アンの青春2』の初舞台だ。周平も何とかセリフを覚えて初舞台を踏む。
「いや彼に会おうと思ってね」
「吃驚するんじゃない?」
「いや、あのノートを読んでいたらそうも驚くことはない。団長も一緒に会うかい?」
「いえ、やめとくわ。松七五三聖子は消えてなくなったのだから」
 淡い青春の思い出として彼の中に残るか。そう思いながら周平は松七五三聖子に会うためにその夢の中に飛び込んでいったのは自分なのだと思う。
 ホワイトドームの扉があいてフランケン達が入ってくる。隣地の取り壊しと劇場の建設が始まっていて、フランケン達が日雇いで雇われている事業主は藤尾の会社だ。藤尾は古い文化住宅の柱を残して劇場を建て増しとして登記するようだ。藤尾は最近はバブルで崩れそうな会社の物件を主に扱うようになっている。藤尾が後ろからヘルメットを被って入ってくる。
「まるで現場監督やな」
「現場監督や。ビール抜いてくれよマスター」
 一列に並んで止まり木にとまっている。
「新橋のビルは?」
「今日解体にかかっているわ」
「書類は?」
「すでにこちらの文化の空き部屋には込んだよ。やはりあの場所はいつまでも安全ではなくなっている。何もかも一度すっかり手仕舞いやな」
「なかったことにするのか」














スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 電柱|д・)夢人さんへ

> あけましておめでとうございます♪
>
> 旧年中は大変お世話になりました(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ᵖᵉᵏᵒ
> いつもご訪問いただきありがとうございます。
> リンクのお礼もせぬままごめんなさい。
>
> あまりコメントを残せないMamuですが、そっと覗かせていただいています꒰⑅•ᴗ•⑅꒱
>
> 記念碑で発表を決意。
> 想いがこめられているのですね。
>
> 夢人様にとりまして、素晴らしい1年でありますように。
>
> 本年もよろしくお願い致します☆
>
> Mamu

Mamuさんへ

心のこもった言葉をありがとうございます。
私の段ボール箱には学生時代から書き溜めた作品が一杯あります。
ようやく現実から少し離れて古いノートに目を通しています。
また最近2作目にかかり出しました。
『空白』にも目を通してください。
 
    夢人







承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> 夢人さん。
> こんにちは!
> 遅ればせながら、小生のブログをリンクしてくださって
> ありがとうございます。とても嬉しく思いました。
> わたしの諸々の作品は、本来は、皆さまに公表できるほどの
> レベルではないのですが、逆に、こうやってブログに投稿することで
> 少しずつ磨かれていると思っております
> これからもどうぞよろしくお願いします。内藤正宏


丁寧な挨拶ありがとうございます。
こちらはしばらく眠っていた小説を復元をしています。 夢人

No title

夢人さん。
こんにちは!
遅ればせながら、小生のブログをリンクしてくださって
ありがとうございます。とても嬉しく思いました。
わたしの諸々の作品は、本来は、皆さまに公表できるほどの
レベルではないのですが、逆に、こうやってブログに投稿することで
少しずつ磨かれていると思っております
これからもどうぞよろしくお願いします。内藤正宏
プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR