夢追い旅 物語の余白4-3
FC2ブログ

物語の余白4-3

「亡くなる前に旗手社長とは会ったのか?」
「ああ、その時ミーも呼ばれて一緒に新橋の昔のビルの社長室でビールを飲んだよ。少し体調が悪いようだった。ミーとは時々恋人として会っていたようだが、ここ10年抱かれたことがないと言っていた」
「さぞ悔しかっただろうな?」
「いや、清々したと言った。でも楽しい人生だったと」
「彼ならまさに時代の寵児に成れたと思うな。いくらか旗手社長を書いたものを読んだがあそこには彼はいなかった。彼は君とともに生きてきた」
「でもこの事件の核心は墓場まで持っていくと言い切ったよ。結局総理の名前は出なかった。二人の間にどんな取り決めがあったかも知らないままだ」
 昔ながらのカウンターにカオルが入って小瓶のビールを差し替ええる。
 向こう側から話しながら藤尾とミーが私と周平を挟むように座る。ミーは40歳を超えたように思うが、小説でしか会ったことがないが思い描いたように妖艶だ。
「あなたの小説読んだけど、どうして私と周平のセックスシーンを書かないの?一度私と寝てみる?」
「相変わらずだな」
 周平が助け舟を出してくれる。
「それは抱かれるべきだ。女ではない凄い人間セックスができるぜ。これ以上精液が出ないと言う限界まで行くな。男と女。父と娘。そういう垣根が見えなくなるさ」
 藤尾が間の手を入れる。
「私は周平の方がいい」
 カオルが松七五三聖子に乗り移ったように一瞬見えた。すでにカオルは周平の体を知っている。直観に肌が感じ取った。彼らは別世界に生き続けている。こんな人間を小説にまだ書けるだろうか。
「カオルは母カオルの子でもなく、団長の子でもない。もちろん周平の子でもない。あの揺り籠に神が産み落とした」
 老いた目玉さんの朗々とした声が響く。
「そう。私の体が性器なのよ」
 まだ『アンの青春』の舞台が続いているようだ。












スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR