夢追い旅 新しい流れ
FC2ブログ

新しい流れ

 突然、舅の取締役からメールが入り、横浜のM商事の支社の支社長室に朝一番に来るように連絡が入った。横浜は、前の社長の相談役の部屋があるところで、今更ここを日参する取締役はいない。彼は会長のポジションも与えられず、そのまま取締役でもない相談役に閉じ込められた。ただ、彼が完全に葬られなかったのは、創業者一族の一人で、一定の株式数をバックに持っていたと言われる。
「鈴木です」
 受付に伝えると、支社長室ではなく相談役室に通された。
「わざわざ悪い」
 取締役が、相談役と並んでソファにかけている。
 こういう時は、黙って成り行きを見るのが賢い。
「君とは初めてだな。墓守のような役だからな」
 相談役から口を開いた。
「昔は、君の舅に上手く罠をかけられた。私の周りにましな男はいなかったんだ。銀座のママが・・・いまさら言っても始まらないな」
「不思議に思っている?」
 昔のような野獣の目を舅はしている。
「どこまで調べた?」
「国崎さんのご存じの話ですか?」
「彼もまだ決心がつかないでいる」
「私にはまだ呑み込めないんです」
「それはそうだ」
 舅がゲラ原稿をテーブルに置く。
 目が活字を追っている。例の赤坂プロジェクトを書いている経済誌ではない。どちらかというと暴露記事の好きな業界誌である。
「国税が赤坂プロジェクトを脱税として目を付けた」
「得意の仕掛けじゃないのですね?」
「残念ながら、会長も無理をし過ぎた」
「ということは、社長派に?」
「会長派も社長派もない。土台の会社が危ない」
 でも、舅はここでも綱渡りをしようとしている。
「会長は藤尾に何か知られている。だから、あんな芝居を打った。国崎さんに情報を知られまいとして、私に轟との繋ぎを依頼した。私もその時は、さしたることではないと深い詮索もしなかった」
 いや、柳沢の女に夢中になっていたのだ。
「今答えは求めない。この記事が出たらもう一度話し合おう」










 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR