夢追い旅 追突
FC2ブログ

追突

 相変わらず、轟からは連絡はない。彼女の店に連絡するが、何日も帰ってこないことはよくあるということで、ケロッとしている。轟が彼女のために危険を冒しているとはつゆ知らないのである。金が入らなければ、縁の切れ目もありうる。だが、周平も同じ環境である。もし、今回舅側に回らなかったら、離婚もありうる。いや、今の地位もないだろう。舅に従っても、国崎に逆らうことになるかもしれない。
 結局、あの夜は藤尾と朝まで飲んだ。藤尾はどうも、ここ1週間ほど赤坂に籠りきりのようである。女房と子供は、実家に帰したようだ。
「課長、今朝会社に電話があったのですが、轟という名前ご存知ですか?」
 加瀬の声である。
「ああ」
「今言う病院にすぐに来てほしいということです」
 病院名と、部屋番号を教えてくれる。熱海である。
 熱海の病院まで、列車とタクシーでつなぐ。
「どうしたんだ?」
 4人部屋で、足をつるされて、轟が笑っている。
「労災やな。でも訴えるとこがない。車もやってもた」
「監査役の車を尾行してた。こちらの後ろにもう一台ついていたのや。バクミラーを見たときは遅かった。後ろの車に見事にお釜されて崖を真っ逆さま」
「携帯は?」
「山の中かな?」
「警察は?」
「調べてみると言ったきりや」
「どこから尾行した?」
「鎌倉の自宅からや」
「運転は監査役が?」
「いや、横浜ナンバーの車が迎えに来ていた」
「運転手に見覚えは?」
「背広を着ていたが、見覚えはない」
「追突した車は?」
「サングラスをかけた・・・」
頭も打ったらしく、顔をしかめる。
どうもそこまでである。
国崎には簡単に今の状況を知らせる。
何か、予想していたような反応である。













スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR