夢追い旅 日常
FC2ブログ

日常

「課長変なんじゃないか?」
 窓際に座っている年嵩の社員が、いつもの挨拶のようにみんなに問いかける。
 周平は先月からリーダー格のマネージャーから、突然新規プロジェクトチームの課長に昇進した。これは舅の取締役の肝煎り課で、今まで数人でしていた室が拡大したのである。社内では何をしているかわからない不思議な存在のようである。
「エリートのすることは分からんね」
 一番年上の35歳になる係長が相槌を打つ。彼が今までは出世頭の室長だったのである。彼自身、今回の人事については大いに不満がある。それで古い社員を巻き込んで、課の反対派の中心みたいになっている。でも今回の課の人員構成からは野党ぐらいの力しかない。それに彼自身この課の存在意味が見えないでいた。常に取締役から一方的に仕事が降りてきて、何のためにするのかということもわからず、こなしてきたにすぎない。会社の中には、こういう一般の社員が何をしているのか関心も持たない部署があるもののようである。時々話題になるとは、そうした部署の人間がある日表舞台に出世して登場するからである。
「加瀬君。今日は君が例の夜の席に出てくれないか?」
 今の周平はすっかり課長の口調に慣れきっている。周平は30歳になるのに、あと数か月ある。周平は、部下の反応にはお構いなしに、背の高いこの会社好みの高そうな課長椅子にもたれて、棺桶とあだ名のある鍵付きの書類箱を開けて、ファイルを取り出してきては、しかめっ面をしてみせる。
「はあ」
 とテンポを外した係長の声がする。
「今日はS工業の専務が来る。顔は分かっているね?この封筒を渡してくれたらいい」
「二次会は?」
「どちらでも。まあ 下のつながりも必要だから、領収書をもらってくれ」
 周平は、ファイルを何冊か取り出すと、返事を待たずにもうドアをでてゆく。





 
スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR