夢追い旅 風見鶏
FC2ブログ

風見鶏

 休暇届を出しに、M商事の人事課を覗いてそれから、自分の課を覗いてみた。変な話である。歩いて元気な社員がわざわざ、療養休暇願を出しに来る。加瀬が周平の机を占領している。
「使わせてもらってますよ」
 さすが気が引けるのか、立ち上がって周平の荷物の段ボール箱をさす。
「新任部長は?」
「柳沢開発部長がしばらく兼務されます」
「じゃあ、挨拶して帰りますよ」
「それが、長期休暇をとられています」
 なるほど、あれから出てきていないわけだ。会社に入る前にマキに連絡を入れている。留守電が入っていて、少し離れたカフェを指定してきた。
「悪いね」
「いいのよ」
 マキが制服のまま煙草をふかしている。
「何か狐に包まれたようだ」
「なにちょっとした風向きの変化だけよ。今周平は離れている方が得よ」
「会長と社長が和解した訳?」
「そんなこと、これも駆け引き。社長は鈴木取締役を会長から離した。曲者を残しておくのは危ない。これは、私の意見」
「こちらもその犠牲かい?」
「これは愛情よ。あなたとはいつまでも組みたい」
「でどうなっていくのかい?」
「分からない。でも、早くクラブを貰っておさらばよ」
「それは利口だな」
「相談役が戻ってきたようだね?」
「そう、死んだ監査役の部屋に入った」
「やはり、社長と組んだのかい?」
「そうでもないみたい。ちょうど中間の壁みたいにしているわ。風見鶏のようだわ」

















スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR