夢追い旅 偶然
FC2ブログ

偶然

 原稿をKジャーナルに届ける。国崎は不在だ。若いのに聞くと、いつもの沖縄詣でらしい。藤尾部長に連絡を入れて時間を空けてもらう。ところが藤尾も住所が変わったという。新橋の国道沿いのビルを教えてきた。こましなビルだ。
「へえ、今度は社長ですか?」
「いや、まだなりたてのほやほやだよ。一応社長室があるから入ってよ」
「昼から一升瓶はやれませんね」
「ほんまや」
「社員は何人?」
「30人ほどかいな。でも経理などはファイナンス会社からの出向や」
 赤坂の地図が壁いっぱいに貼ってある。
「この事業は今度はファイナンスの方が主体でするようになった。あの会社は上場するらしくこの赤坂はまずいようだ。それでこの会社に」
「この会社ってこれですね」
 先程の原稿のコピーを出して見せる。
「さすがに情報が早いなあ。300億にもなるんだな」
 詳しい数字は知らないようだ。
「作業は小林社長のところでしている。こちらは地上げ部隊の現場管理だよ」
「これからまだまだ買い上げてゆく?」
「だろうね」
「M商事は降りたのかな?」 
「分からないが、買いはぴったり止まっている。面白い話がある」
「2日前、柳沢を赤坂の地上げ現場で見たよ。外車で乗り付けて、現場に向かったんだろうな」
「1人?」
「いや人相の悪い男を連れていた」
 柳沢のママの極道の兄貴だ。
「場所は分かる?」
「あの4階建ての事務所の前の道だ」






スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR