夢追い旅 柳沢戻る
FC2ブログ

柳沢戻る

 最近叔母の夢を見る。
 思い出したように叔母のお気に入りの写真を取り出す。まだ30過ぎの頃の若い時の写真だ。でも周平の記憶にある叔母はこの若さのままで止まっている。
「奥さん?」
 団長が覗き込む。
 昨夜は団長も抱いた。カオルは3回だ。
「いや」
 起き上がって、用意してくれたスパゲッティに箸をつける。
「周平に似てるね?」
「まさか、そんなのを言われたのは初めてだ。唯一の身内の叔母だ」
「へえ、でも目元なんかそっくりよ」
 外からケイ君の声がする。
「入るぜ」
と言いながらも半分くらい覗いている。
「ケイ君も食べる?」
「何しろ兄弟だからな」
にやにやしている。
「柳沢昨日戻ってきたぜ。ママの兄貴も一緒だ」
「あのチンピラは?」
「行方不明のまま」
「信州に行ってたらしい」
 轟の情報を伝える。
 周平はさっそく轟に携帯を入れる。
「今会長の自宅を張っていたら、柳沢が入っていった」
「段取りがいいな」
「いや、元警察の力だよ。高速のカメラでママの兄貴の車を見つけたんだ。詳しことはまたする」
 それで携帯が切れた。
「ものは相談だが、その兄貴の車を調べられる?」
「かなり汚れているから部下に洗わせるだろうね。2万も握らせれば」
「じゃあナビを見てくれ」











スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記

大阪からすぐの通信制 京都美山高校
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR