夢追い旅 離婚
FC2ブログ

離婚

 久しぶりに我が家に戻ってみると、人の気配のないテーブルに白い封筒が乗っていた。周平は背広も脱がずに、封筒を開く。離婚届に映子の直筆と印鑑が押してあった。手紙らしいものはない。何も感慨がわいてこない。そのままポケットに押し込むと外に出た。
 なぜか当然の結果なような気がした。
 久しぶりに銀座の映子のママに携帯を入れた。
「今なら時間がとれるからおいで」
とそれだけで切れた。
 実に結婚式を挙げた時以来の訪問である。
 銀座のクラブに着くと、専用の応接室に案内された。
「ご無沙汰ねえ」
「すいません」
 どうもこのママは苦手だ。 
「映子はここにはいないわ」
 煙草をゆっくりふかす。
「離婚のことは聞いた。詫びないよ。お互い様だからね。あの子、子供できたのよ。もちろんあなたの子供じゃない」
 今年で50歳になったのかとふと考える。今の会長と別れるときの不思議な涙を思い出した。
「私もこの際鈴木とも別れることにした」
「もう話し合われた?」
「電話でね。鈴木はあの秘書課の女とできているからね。それにあの人のツキはなくなったよ」
「会長の件ですね?」
「私は会長の影の女でいいの」
「一ついいですか?どうして会長と取締役がしっくりいかなくなったのですか?」
「あの人は野望が強すぎる。会長は昔はその野望に魅力を感じてたわ。でも今は危険なのよ」
「次は名声ですか?」
「あなたも考えてみることね」



スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR