夢追い旅 妊娠

妊娠

 正式に加瀬の妻から警察に届けが出て、田上専務の2度目の任意聴衆が病院であった。それから会社にも警察がやって着ることになって慌てて人事部が解雇処分を発表した。当然警察はブラックジャーナル社にも入ったが加瀬の居場所は見当たらない。
 周平は事情を話して、轟に秘書課のマドンナの尾行を依頼した。ただこの情報を舅の取締役に伝えるかどうかは悩んだ。一切手の内を明かさない取締役の動きが想定できないのだ。
 今日は休んでくれと言われて、団長とホワイトドームの裏にある白壁の病院の待合室に団長と座っている。
「狐、いえ周平は離婚したらしいね?」
「狐でいいよ。まだ用紙を持ったままだ。心の整理ができていない」
「カオルは白血病なの。でも特殊なので治しようがない。カオル幾つと思っていた?」
「思ったより上だって団長が言ってたから、24か5くらいか?」
「32歳よ。私と同い年。彼女の言うには10歳ぐらいから背がぴったりと止まったって」
 ドアが開いて、看護婦が顔を覗かせた。
 中に入ると、ベットにカオルがいる。うれしそうに笑う。
 医者が苦虫をつぶしたような顔で、
「彼女は妊娠してます。でも病気が動き出しています。降ろされたほうがいい」
 それだけ言うとドアを出てゆく。かなり説明をしていたようだ。
「二人のベイビーよ」
 カオルが飛びついてくる。
「それは分からないわ」
 団長が一言いう。
「絶対狐だよ」
「だって」
「団長焼いてるんだ」
「カオルその頃ケイ君とも」
「そんなことはない絶対狐よ!」
「そのことはいいが、産むことが不味いと言っているんだろ?」
 周平が間に入った。





スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR