夢追い旅 ワゴン

ワゴン

夜は交代交替で見張りをした。夕食は洋風のレストランで二人でお酒も飲んでいた。カラオケルームでもデュエット曲を何度も歌っている。目立ちすぎる行動が気にかかる。夜も寝ないでこちらは交互に部屋を覗く。完全な寝不足だ。
「こういう職業には付きたくない」
 つい愚痴がこぼれる。
 朝、確認の電話を入れる。とくに何もないというが途中で相談役の声に変わる。
「鈴木さんが帰って来るよ」
と言う。
「私の上司ですかね?」
「いや、不動産事業部長だよ」
「本丸に突入ですか?」
「これはM銀行の意志だ。会長との話で決まったようだ。息子もついでに課長で戻ってきた」
「よかったですね」
「出来たら戻ってきて手伝ってやってほしいんだが?」
「出来るだけ早く済ませて戻ります」
 携帯を欠伸をこらえながら切る。
 轟が目をしょぼしょぼさせて部屋に戻ってくる。
「今朝ごはんをわざわざレストランでとっている。どうも気づいているかもしれないな」
「張り込みを止めるか?」
「こういう時はワンチャンスにかけるか。粘り勝ちというやつよ」
「そういうのは得意じゃないな」
「でもな、何かするために熱海まで来ているはずだ」
「何かをするためにか」
 周平はご飯をかけこむと、レストランのに向かった。轟の言うように仲睦まじくまだ食事をしている。周平は思い出して、地下の駐車場を覗いた。ちょうどあのワゴンが入ってきた。食事後は動く気なのか。轟に連絡を入れた。温泉に来て二人ともまだ温泉に浸かっていない。
「あのワゴンは夜は?」
 警備員に尋ねる。
「夜はいなかったですね。送迎ですかね」








スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR