夢追い旅 狼たち

狼たち

 意外な結果でマドンナから遅れて出てきたのは舅の取締役だった。その電話をもらった時、思わず声を上げそうになった。あの舅が女性に恋するとはどうしても思えない。どう見てもマドンナは柳沢の女だ。でもなければ、加瀬の死の片棒を担ぐことなどするはずがない。だが、一切打ち明けない舅に告げ口をする義理もない。
 加瀬の後始末に新人を連れて回った。自殺したとなると悪い話ばかり出る。かなり強引に金をせびっていたようだ。それにツケが吃驚するほど出てくる。うんざりしてた頃にぼそぼそと携帯が入った。
「・・・」
 聞き取れない。携帯を見ると、ベンチャーの旗手からだ。
「新橋のNビルに来てくれないか?」
「何時に?」
「出来るだけ早く、下に来たら携帯を入れてくれ」
 それだけで切れる。
 Nビルに住んでいるという話は昔に噂で聞いたことがある。ビルの前まで来ると、社長の車がするりと出てくる。
 黙ったままで川崎まで走る。川崎に入ると細い路地の中をくねくね曲がる。1軒の古いスナックに入る。
「連れてきたよ」
「それはわざわざ」
 ソファにかけているのはなんと黒崎だ。
「もう20年来の悪がき仲間だ」
「私が一番若いが」
何人かは週刊誌やテレビで見た顔ぶれだ。
「いよいよ世代交代だ」
 だいたい40歳から50歳前半に見える。その中で黒崎が一番上だろう。8人ほどが気ままにグラスを傾けている。
「赤坂は俺たちでまとめ上げる」
「もちろんだ」
 彼らは口々にしゃべる。どうも周平の紹介などする気はないようだ。でもそのほうが気が楽だ。周平は水割りは苦手なのでビールを瓶ごと飲む。ママも客に酒を注ぐようなことをしない。
「この人たち狼よ!あなたは仮面を被った狼かしら?」











スポンサーサイト

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢人

Author:夢人
これは30年前から書き始められた小説です。
日記風に手書きされた原稿にもう一度読み返して書き加えたものもあります。この小説は本来活字にはしないことにしていましたが、某社長がなくなれた記念碑で発表を決意しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

Anonymous Note

写真とか小説(オリジナル)とかそのほか色々

自由少女  ~Dear you ~

ビーチサイドの人魚姫

龍の記憶 <きらきら@躁狂流星群>

蒼井凜花の日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR