夢追い旅

吹き溜まり

 今日は休日だが団長とケイ君ら役者の面々は前衛劇場に朝から詰めている。周平は用意されていた朝ごはんをカオルに作って食べさせた。ちょっとした間隙を抜いてカオルが体を求めてくる。夏蝉のように少しの時間でも惜しむようなセックスである。
「もう寝た方がいいよ」
「一緒に寝て!」
 だがいつの間にか寝息がする。体力がなくなってきているようだ。蒲団を被せて店に降りる。
 目玉さんが座っていてビールを飲んでいる。
「みんなといかなかったんですか?」
「いや、今日の芝居には出番がないわ。それよりカオルは?」
「今寝ましたよ」
「狐はこれからどうするんや?」
 カオル達には周平はいつまでも詐欺師の狐なのだ。
「もちろん生まれてくる子の」
「気張らんとええで。カオルの子はみんなが面倒見る。ここにおる男達はみんなカオルの父親や。めくらのワシでも何度も抱いてもらった。狐の子でよかったいうもんや」
 周平も隣にかけてビールを開ける。
「カオルはいつから病院に?」
「そうやな。団長が来るもう少し前やったかな。母親が未熟なカオルを連れて病院に来とった。齢は二十歳くらいの時やったかな。時々売春でお金を稼いでたみたいやな。この辺りはそういう女の子が多かったわな。それがいつの間にか母の姿を見んようになったな」
 カウンターにカオルの写真を出してみせる。全裸の写真だ。
「ここの男はみんなこれを持っている。カオルが1000円で売っとった。みんなの恋人やったわ。それが団長と一緒に生活するようになった。ホワイトドームはどぶ川の吹き溜まりのようなとこやが、俺たちには最高の安息場所や」
 ひょっとしたら伯母にとっても新世界という町がそうだったのかと周平は思う。
 いつの間にかカウンターに電線の雀のように常連たちが並んでいる。みんな思い思いに飲み物を出してきて、あてに鋏を回してあけている。であるだけのお金をせんべいの空き瓶に入れてゆく。







テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

 旗手社長の携帯に電話を入れる。舅の話をそのまま伝えた。
「今2か所からSハウスに赤坂の土地の売りの話が来ている。その一つがM商事できっと不動産事業部のラインだろう。もう一つがS銀行からだそうだ。しばらく様子を見よう」
「パーティ券の話は?」
「ミーから聞いた。手配しておいた。ミーを抱いたかね?」
「まさか」
「彼奴の体はいいよ。一度抱いておくんだ。好みだって言ってたよ。今赤坂ため池のビルにいるんだが、ちょいと付き合わないか?」
 周平は腕時計を見る。6時を過ぎている。
「15分ほどで行けます」
「着いたら声をかける」
 周平は相談役の部屋を覗いて、談合があるので出ると伝えて外に出る。どうも最近は相談役の側近と見られているようだ。
 どうやらファイナンスの会社に来ているようだ。ため池の角地に来るとガラス張りのビルを見上げる。
「ここだ」
 屋台の中に引っ張られる。
「同じのを入れてやってよ」
 コップ酒に熱燗を入れてもらう。
「あまり似合わないですね」
「だろ?誰も見つけられないさ。創業の頃ここに連れってきてくれた社長がいるのさ。暇ができたらここで飲むようだ。初心忘れべからずだそうだ。このコップを手にすると身が引き締まる」
 周平は逆に通天閣の街が懐かしくなる。街がおぼろげながら映る。そして伯母の顔がいつまでも若いままで浮かんでくる。もう会わないと言われて頑なに守っている自分がそこに入る。
「君はいつまでM商事にいるんだね?」
「よく分からなくなってます」
「人生は短いよ。すべきことが山のようにある」
 何か自分に話しかけているような響きがある。
「日本を動かす。世界を動かす。それが夢だ」











テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

男と女

 会長の経団連副会長の推薦が取りやめになったという記事が一般紙に出た。それに合わせて社長が相談役を会長に提案しているかのような噂が流れている。田上専務が退院してきてその会議に出席している。彼も今のポジションを守るのに必死である。今は加瀬の自殺説が主流のようだが、まだブラックジャーナルの情報が信じられている。
「今手が空いているか?」
 舅からの内線である。
 不動産事業部に入ると、応接に通されてコーヒーが出る。
「待遇がいいですね?」
「君はもう部下ではないしね、それに強いラインを握っている」
「もうフラフラですよ。でも旗手社長はご存知でしょう?」
「ああ、だが信頼されなかった。彼の信頼がなければあのメンバーにいてもだめだ」
 そういうところが旗手社長と合わないのだろう。
「ところで相談だが、Sハウスと繋いでくれないか?」
「急にSハウスという名前が?」
「君の談合先で、旗手社長のメンバーでもあり、赤坂の隣接地を押さえている」
 どうやらかなり調べだしたようだ。
「あそこなら幹線道路に繋がるから欲しがる思うがね?」
「確かにそうですが、M商事の赤坂の土地はいわくつきですし、実際にまとまっていません」
「条件を付けてくれてもいいし、単価を叩かれてもやもえん」
 この土地の処分が大きな山になってきている。頭の中で旗手社長の顔が浮かぶ。その横の国の土地の話が漏れる前にたたきたいところだろう。
「談合先の部長でどこまで話になるか分かりませんが。ところでマドンナとは?」
「柳沢と私とどっちを取るか見ていたまえ」
 舅は柳沢がマドンナのマンションに出入りしていることも知っているようだ。そこまで賭ける必要があるのだろうか男と女のことは分からない。










テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

ミー

 やくざの兄貴が賭博の件で警察に上げられた。轟の情報では別件捜査のようである。
 旗手社長から携帯が入ってミーと一緒に前回の議員にもう一度革鞄を届けてくれということである。旗手社長は今岩手にいるようである。
 議員会館の前に車が止まっていて、ミーがスーツ姿にサングラスをして降りてくる。革鞄を受け取ろうとするが、がっしり抱えて話さない。目で先に入るように促す。
 やはり前の秘書が出てくる。前と違って目が笑っているようだ。また二人して革鞄を置いてトイレに立つ。
「そちらあっちだよ」
 周平が女トイレを指す。でも聞こえないように男子トイレに入る。そして急所をつかんでにたと笑う。
「あんたもつかんでみる?」
「まさか」
「そのまさかよ」
 応接に戻ると、議員本人が座っている。
 ミーが秘書の名刺を出す。
「こんな秘書さんならどこにでも連れて行きたくなるな」
 打ち解けている。どうやら話はまとまったようだ。
「来月にパーティがあるんだけどもね、秘書と話しておいてくれるかな?」
 そういうともう次の客のところに出かけてしまう。
 議員会館を出ると、ミーが車を走らせて六本木のマンションの地下に入る。
「セックスは求めないからお酒は付き合ってよ」
 部屋には大きな動物のぬいぐるみが並んでいる。
「私も社長と同じで信頼できないと組まない。互いに信頼するためには本当の姿も見せないとね。あなたにはなんというのかからっとした陰りがあるのよ。社長にも私にもある」
「幾つ?」
「25歳になったわ」








 

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

落としどころ

「どうぞ」
 M銀行の頭取室に入る。
 ソファの両端に監査役と舅、反対側に黒崎が座って真ん中に頭取が掛けている。この体制なら周平は黒崎側に座ることになるだろう。
「そろそろ結論を出しませんか?」
 頭取が口を開く。
「もともと同じ穴の貉だったんですから、確かにいろいろ動きましたからねそれぞれが」
「そもそもS銀行の頭取とは話がついたのですか?」
 黒崎が口を開く。
「そうですね。S銀行さんも営業本部長を系列の不動産会社に送ります。赤坂はもともとこちらが始めだしたものですからね。ただ銀行が直接できないもので何社かに相談しました」
 淡々と話す。
「M商事もここまで来たら整理しないとと思いますが、会長も力をつけられて容易には降ろせないとこに来ています。それに当銀行の出向社長が役割を忘れて」
 ははあと力なく笑う。
「彼にも別の仕事で帰ってもらいます。とは言え」
「刑事事件まで起こしています」
 黒崎が監査役を始めとした事件について言っているようだ。
「そうです。それなりの落としどころが必要ですね。ただまだ公にできないことも多くあります。それにそんなにうまく解決できるかもわかりません。思いがけない時代の力が動いています。新しい人たちの力もついてきていますしね」
「思わない力とは?」
 相談役が初めて口をはさむ。
「一つはバブルですよ。日本は力以上に伸びすぎました。それに合わせて自由化の流れが止められません。まずこのメンバーでは停戦としましょう」
「止めれない流れも?」 
 黒崎が旗手社長たちの流れを指して言っている。
「それは仕方がないですよ。それが時代が求めているのなら」














テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR